岡山県玉野市の歯科医院  みしま歯科クリニック 【一般歯科・小児歯科・口腔外科・インプラント・矯正歯科・ホワイトニング・審美歯科・訪問診療】
ホーム > マウスピース矯正

目立たないマウスピース矯正

Invisalign(インビザライン)とは?
全世界で300万人以上の患者さんの治療に使用されている透明な”マウスピース“のような矯正装置です。
ワイヤーを使用しないため、付けているのがほとんど分かりません。
また、普通に食事や会話ができ、喋りやすく、痛みがほとんどありません。通院回数も少なくて済みます。


インビザラインの特徴

1.痛みがほとんど無い
「矯正治療は痛くてつらい」そのようなイメージをお持ちではないでしょうか。
インビザラインは従来型の矯正装置に比べ、比較的痛みが少ないと言われています。その理由の一つとして、インビザラインでは一つのマウスピースで動く歯の移動量が0.25mmと決められており、過度な力がかかりにくいことが挙げられます。またワイヤーやブラケットを使用していない為、粘膜に当たる痛みや刺さる痛みはなく、口内炎ができることはほとんどありません。

2.取り外しができて衛生的
矯正治療が終了し歯が綺麗に並んでも、歯磨きが十分出来なかった為、虫歯ができてしまった…。ということがないように、普段から歯磨きやフロスをしっかり行うことが大切です。インビザラインは取り外し可能な為、従来型の矯正装置のように装置にプラークが沈着することがなく、歯や歯周組織を健康に保つことができます。またインビザラインは歯ブラシで簡単に洗浄することができ、とても衛生的です。

3.食べたい物が食べられる
従来型の矯正装置ですと、ほうれん草のような葉物は絡みやすく、また餅のような粘着性のあるものはくっつきやすい為、少なからずわずらわしさがあるかと思います。インビザラインの場合は取り外しが可能ですので、普段と変わらず食事を楽しむことができ、快適です。

4.金属による悩みも解消
インビザラインはプラスチック製の為、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。金属アレルギーで矯正治療を断念した方も、安心して治療を受けて頂くことができます。

5.透明で目立たなく、しゃべりやすい
「矯正治療がしたくても見た目が気になる」という方は多いのではないでしょうか。インビザラインは薄く透明で目立ちにくい装置です。自分からマウスピースをつけていると言わない限り、周りに気付かれないという患者様も多くいらっしゃいます。初めてインビザラインをつけた時は、多少の違和感やしゃべりづらさがあるかと思いますが、1週間程度で慣れて頂くことができますのでご安心下さい。


他のマウスピース矯正にはないインビザラインの特徴

世界にはインビザラインに似たマウスピース型の矯正装置がいくつか存在します。見た目も透明で形もそっくりなので、まったく同じ効果と使用用途があるものだと誤解されています。しかし実際には製作工程と治療システムが大きく異なるので、治療効果や治療が出来る症例の範囲も大きく異なります。

従来のマウスピース矯正では難しいとされてきた様々な症例に対応できる。また上顎臼歯の後方への移動が比較的簡単になり、多くのケースで歯を抜かずに治療が可能に。
(歯科医師のインビザラインの経験、知識や技術が必要)

インビザラインはコンピューター処理により治療計画を作製できる為、予知性が高く、精密な判断をすることが可能です。また従来のワイヤー治療では非常に難易度の高い、上顎大臼歯の遠心(後方への)移動が比較的簡単になりました。その為今まで出っ歯やガタガタの歯を並べるスペースを確保する為に小臼歯を抜かなくては直せなかったケースや、インプラントアンカーが必要であったケースも、それらを必要としないで治療が可能になるケースが多くなりました。

1回の型取りで全てのマウスピースが製作できる。
インビザラインとその他のマウスピースの製作工程は大きく異なります。インビザラインは1回の型取りですべてのマウスピースが製作できる為、患者様の型取りの負担も少なくすみ、来院頻度を少なくすることが可能になります。またマウスピースの個数が最初にわかる為、おおよその治療期間を予想することができます。

インビザラインの製作工程

初めに精密な歯型を採り、患者様個別に作製した治療計画フォームと共に米国に郵送します。届いた歯型は3次元にデジタルデータ化され、コンピューター画面上にて、歯をどのように動かしていくかなどの計画を立てていきます。その計画を完成度の高い物にする為には「矯正歯科医が細かく指示を出し、それに基づきプログラマーが修正を行う」、この工程を何度も繰り返し行うことが必要となります(※)。計画が完成し、患者様の同意が得られると、計画に忠実に沿った段階ごとのマウスピースが、1度にすべてオートマティックに製作されます。(この3次元にデジタルデータ化された治療シミュレーションソフトから一度にマウスピースを製作できるシステムは、アライン社(インビザライン社)が特許を有するものです。)


※治療の行方を左右する治療計画の制作は、歯科医師のインビザラインの経験や知識により大きく差が出ます。基本的な矯正治療の知識を得て、ワイヤーによる矯正治療経験を重ねた上で、インビザラインに特化した新たな技術や考え方を習得している必要があります。インビザラインの特性を理解し、実際の歯の動きを予測できないと、完成度の高い計画を製作することができません。歯科医師によって判断力や経験が異なる為、どこの歯科医院でインビザラインの治療を受けても同じ計画が出来上がるというわけではありません。

他のマウスピース矯正の製作工程

初めに歯型を採り、歯科技工士が模型上で少し歯を動かした状態を予測して、マウスピースを製作します。そして歯が少し移動した頃に再び歯型を採り、同じようにしてマウスピースを製作します。この作業を治療が完了するまで何度も繰り返します。

矯正治療後も歯並びを維持する生涯安心なシステムがある。
インビザラインのマウスピースはコンピューターでデータ管理されています。その為歯が綺麗に並び終わった最後のマウスピースと全く同じ形の保定装置「インビザラインビベラ」を型取り不要で製作することができます。矯正治療後は半永久的に、電話一本のご注文で上下3セットの保定装置を患者様のご自宅に郵送させて頂きます。常に予備の保定装置を保持していることとなる為、突然紛失しても予備を使用することができます。また予備を紛失した場合はすぐに同じ型の保定装置を注文できるので、歯が後戻りしてしまう心配がありません。さらにインビザラインは強度が固いため壊れにくく、汚れにくい素材で、わずかな後戻りも回復する効果があります。この型取り不要で保定装置を製作するシステムは他のマウスピース矯正には無い為、インビザラインは治療後の生涯安心して歯並びを維持していくことができます。


中学生、高校生の矯正治療


ワイヤーを使わない矯正治療
インビザライン

インビザラインとは全世界で140万人以上の患者様の治療に使用されている透明なマウスピース型の矯正装置です。現在の歯並びから綺麗な歯並びへと変わる、少しずつ形状の異なったマウスピースを2週間ごとに交換することで、段階的に歯の矯正を行います。


中学生、高校生のインビザライン

矯正装置の見た目を気にするのは大人だけではありません。見た目のコンプレックスを取り除くことは思春期における心の成長を健全にします。



インビザラインによる矯正治療は第2大臼歯(12歳臼歯)が生え揃う中学生の頃から可能です。



マウスピースは透明で目立たず、取り外しが可能な為、従来の一般矯正の場合に心配されるスポーツや吹奏楽などへの影響が軽減されます。


中学生、高校生からスタートする矯正治療のメリット

歯を抜かないで矯正治療ができる確率が増加する
成人になってからの矯正治療は歯を並べるためのスペースの確保が困難な場合が多く、上下の第一小臼歯(軽4本)を抜かなければならないことがあります。骨が未成熟で永久歯が完全に生えていない時期に矯正をスタートすることによりスペースを確保したりアゴを拡げたりすることが容易になります。それにより歯を抜かないで矯正治療を行うことができる確率が増加します。また早期にはじめることにより治療後の歯が安定します。

アゴの骨格的不調和を予防できる
第二次成長期にある中学生から矯正治療を始めることにより、歯並びの改善とともに上下のアゴの成長バランスを整えることができます。上下のアゴに前後的なズレのある場合は上下のマウスピースにゴム(顎間エラスティック)をかけてアゴの成長をコントロールします。

歯を大切にするモチベーションを向上させることができる
歯に関心の低い時期にブラケットをつけると虫歯や歯肉炎になるリスクが非常に高くなります。取り外し式のインビザラインを使用すればいつものように歯ブラシができるため、虫歯になるリスクを減少できます。当院では矯正治療と並行してブラッシング指導も行い、歯を大切にするモチベーションを向上していきます。


インビザラインのQ&A

Q1.通院頻度はどのくらいですか?
A.インビザラインはご自宅で2週間ごとに新しいマウスピースに交換して頂くため、通院の回数は少なくて済みます。経過が良ければ通常2~3か月に1度のご来院となりますので、学業や部活動などに負担を掛けません。

Q2.歯やマウスピースのお手入れは簡単にできますか?
A.食事や歯磨きのときはマウスピースを取り外すため、普段通りに歯磨きができ、従来の一般矯正と比べてより簡単に健康な口腔衛生を保つことができます。またマウスピースは歯ブラシでブラッシングして頂き、さらに汚れが気になる場合は専用の漬け置きタイプの洗浄剤をご購入することも可能です。

Q3.マウスピースを紛失してしまった場合は、どうすればよいですか?
A.その際はすぐに当院までご連絡下さい。治療の進行状況によって、マウスピースを再発注し、届くまでの間1つ前のマウスピースを装着して頂くか、もしくは次のマウスピースに進んで頂くかを担当医が判断します。


みしま歯科クリニック
〒706-0014 岡山県玉野市玉原2-6-8
0863-31-5851

Copyright (c) Mishima Dental Clinic All Rights Reserved.